自分に合った結婚相談所を選ぶポイント

理想の結婚相手を探すのに、自分に合った方法やサービスで婚活するのが大切です。婚活サービスには大きく分けて3つのジャンルがあります。サービス・紹介人数・料金面などのメリット・デメリットと、ポイントを5つご紹介します。

ジャンル別で選ぶ婚活方法

自分に合った結婚相談所を選びましょう。

ジャンル別で見るメリット・デメリット

婚活サービスのジャンルの特徴や、メリット・デメリットを解説します。これから婚活をするにあたり、自分に合った婚活方法を選んでいきましょう。

結婚相談所を選ぶ5つのポイント

入会してみないと分からない結婚相談所選びに不安も多いと思います。入会してから失敗しないように見極めましょう。

POINT.01トータルの料金

初期費用・月会費・成婚料など、トータルの金額がサービスやサポート内容と釣り合っているのか見極めましょう。初期費用は入会金のみの所と、入会金と登録料が初期費用の結婚相談所もあります。成婚料のない相談所は費用も安く気軽に始められますが、カップルになるまで、交際してからのサポートがない相談所もあります。成婚料を設定している相談所は、成婚するまでサポートが充実していると考えられます。

POINT.02カウンセラーは、結婚まで親身にサポートしてくれるのか

結婚相談所選びの一番のポイントは、カウンセラーが結婚まで親身にサポートしてくれるのかです。カップルになれたら、後は当人同士にお任せの所もあります。婚活の目的は結婚ですから、交際してから成婚まで親身にサポートして貰えるのか見極めましょう。

POINT.03登録会員の傾向と出会える人数

登録会員や新規入会者が多いほど出会いの幅も広がります。自分の希望に合った年齢・学歴・収入の人が沢山いるか見ましょう。それと毎月紹介してくれるお相手の人数や、お見合いを申し込める毎月の人数も聞いておきましょう。理想の結婚相手と出会うために、しっかりと見極めましょう。

POINT.04成婚率と成婚のタイミング

目的は結婚ですから成婚率は重要です。成婚のタイミングも真剣交際したら成婚の結婚相談所と、婚約したら成婚の結婚相談所があります。どのタイミングで成婚となるのか確認しましょう。また、カップリング数を表記している所もありますが、例えば婚活パーティーでカップルになっても結婚まで至る確率は10%未満です。お付き合いしてからのカウンセラーの必要性が見えます。

POINT.05結婚本気度

結婚相談所の入会手続きが手軽か手間がかかるかによって、登録会員の結婚本気度にも差が出ます。結婚本気度の高い会員がいる所は、入会時に面談した上で手間のかかる提出書類が必要になります(住民票・独身証明書・学歴証明書・年収証明書・職業証明書)。結婚詐欺や遊び目的の入会を防げるので安心です。

ルックフォーパートナー入会時の必要書類

  • 住所証明 : 住民票・免許証など
  • 独身証明書 : 役所で取得可能
  • 学歴証明 : 卒業証明書、卒業証書など
  • 年収証明 : 源泉徴収票(女性の提出は任意です)
  • 職業証明 : 医師・弁護士など免許・資格が必要な職業のみ

ルックフォーパートナーを
覗いてみて下さい。
あなたにピッタリの、結婚したい
タイミングの人が待っています。
お見合いから恋愛しても
いいと思います。
ほとんどの人が1年以内に結婚相手を
決めています。